SDT

FAQ

スマートシティ

防水のレベルは?

IPX8です。 IPX8とは、1Mの水深で30分間に耐えられるという意味であり、マンホール内の環境は湿気が多く地上の雨水、 下水などが漏れることがあるため、IPX8に準じた防水レベルが要求されます。

どんな通信方式を利用しますか。

LTE Cat M1を使用します。LTE Cat M1はLoRaと違って全国的に通信網が広い為、通信感度が良く、別途の私設ネットワークの構築が要らない長点があり、スマートハブから伝送するデータ量に適しており、経済的なのでスマートマンホールに最適な通信方式です。

管きょ環境は劣悪ですが、通信は問題ありませんか。

SDTのスマートマンホールは従来の鋳鉄マンホールと違って、環境にやさしいポリマー素材になっておりますが、その材質で円滑な通信ができます。

どんなキャリア社を支援しますか。

どのキャリアも利用可能です。

1、2次バッテリーは使用できますか? バッテリーの交換はどうしますか。

1,2次電池とも使用ができますが、環境特性を考慮して簡単で迅速なべってりー交換のために一次電池の使用をお勧めします。バッテリー用器具だけを取り外すだけで簡単に交換できるように設計しました。

バッテリー寿命はどのぐらいですか。

通信周期及び使用環境によって異なりますが、殆どのお客様は1年に1回、バッテリー交換をします。

バッテリー寿命を最大にするためにSDTはどんな方法を適用しましたか。

必ず必要な時だけactiveに動作し、その以外にはdeep sleep modeにして電流消耗を最小化します。

ダッシュボードを見ることができますか。追加的なカスタマイズができますか。どのような機能を提供しますか。

追加的なカスタマイズができます。基本的にマンホールの位置、状態情報を提供します。マンホールの警報状態を表示します。マンホールが警報状態になると通知します。マンホールの名前をクリックすると、自動的に道探し機能を提供します。

スマートマンホールはどうやってダッシュボードに接続しますか。

各デバイスは顧客アカウントで事前に登録してから出庫されます。そのため、デバイスの電源だけを入れれば、デバイスのデータがダッシュボードに送信されます。

適用可能なセンサーの種類は何ですか

I2C、RS485、RS422、UARTなど、serial通信がサポートされるセンサー類は全て可能です。

ガス測定センサーはどんな方式を適用しましたか。

NDIR(non-dispersive infrared)、semiconductor、eletrochemical方式など、種類に関係なく、全部適用可能です。

非常状況発生時、通知をslackなどメッセンジャーで受け取ることができますか。

できます。通常の文字メッセージやメールも可能です。

SDT スマートマンホールはクラウドとリアルタイムに連携されますか。

リアルタイムに連携可能です。

SDT スマートマンホールはゲートウェイ・ルータを使用しますか。

使用しません。

マンホールダッシュボードから見られるガスセンサーにはどのようなものがありますか。

O2(酸素)、CH4(メタン)、CO(一酸化炭素)、H2S(硫化水素)、NH3(アンモニア)、NO2(二酸化窒素)など、様々なガスセンサーをサポートします。

AS受付時、平均所要日は (訪問及び修理) どのぐらい掛かりますか。

普通受付後、3日以内に処理できます。しかし、部品の需給に遅延が発生する場合、予めお客さまにご連絡します。

マンホール設置はどのくらい時間が掛かりますか。

1台当たり1時間掛かります。

マンホールボードのバッテリー使用時間を確保する方法は何ですか?

マンホールボードは、必要な時点でactive状態で動作するようにします。それ以外はdeep sleep modeを設定して電流消耗を最低化します。

スマートモビリティ

SDTのモビリティデバイスから収集・サーバーにアップロードできるデータの種類はどうなりますか?

GPS(緯度、経度)、Behavior Monitoring System, Inertial Measurement Unit などがあります。

SDTのモビリティデバイスで活用できる分野はどのようなものがありますか?

運搬される物や車などに使用できます。現在、事例としては共有自転車、共有キックボード、バイクなどがあります。

SDT IoTソリューションについてもっと知りたいですか?

お問い合わせ

info@sdt.inc
お問い合わせのタイプ 選択
営業arrow

営業

メンテナンス

採用

マスコミ報道

その他

0文字 / 入力可能 500文字
個人情報収集同意内容

SDT株式会社('会社'または'SDT')は、以下の内容に従ってお客様の情報を収集及び活用します。以下の内容についてご熟知の上、ご同意になる場合、チェックボックスにチェックしてください。
1. 個人情報収集者:SDT株式会社
2. [必須]会社名、お名前、連絡先、メールアドレス、お問い合わせの内容
3. 収集/利用目的
- お客様のお問い合わせ内容処理: 相談、クレームの受付、処理結果の通知。
- サービス提供 :サービスの提供やサービス品質改善、サービス内の不正利用防止及び安定性確保、新規サービスと技術開発、カスタマイズサービス提供。
- 商業的統計の作成及び情報分析:ご利用中のお客様別にサービス接続及び利用内訳の分析。
(マーケティング活用に同意した場合) マーケティング及びイベント広報など広告性情報の提供(Eメール又はお電話、メッセージ通知)
4. 保存及び利用期間: 関連法令又は会社の内部方針により保存が必要な時までに保存その他遅滞なく破棄
※ 個人情報の利用撤回方法: info@sdt.incまでお問い合わせください。
※ 同意拒否権及び不利益:お客様は同義を拒絶する権利を保有し、同意を拒絶する場合、上記の利用目的に明示されたサービスが提供されません。