SDT

SDT Ecosystem

Anything-as-a-Service
SDTはお客様と一緒に悩みながら産業現場で材料となるハードウェアとソフトウェアを作って参りました。 シナジー効果を生み出すこの「材料」はお客様のニーズにびったりと合う「レシピ」として生まれ変わります。SDTはこれらの材料をもっと多く開発し組み合わせて、産業現場をより強く、より安全に連結し、効率的な自動化をリードしています。
gif

Why SDT?

SDTはエッジコンピューティングに必要なエッチデバイスとそれらのデバイスを管理できる道具をトタル的に提供します。

お客様の産業現場にある各種レガシーシステムと互換されるSDTエッジデバイスはお客様の現場とクラウドを連携し、断片化されたデジタルデータを管理します。

SDTの全てのエッジデバイスはデバイス及びデータ管理プラットフォームであるSDT Cloudと連携してもっと強く連結性と連続性を提供し、産業現場のデバイスオーケストレーションを現実化します。

そして、基本的にハッキングが不可能なSDTの量子技術はSDTの製品に搭載されて、お客様にend-to-end保安を約束します。

image
SDT HaaS
icon
効率性
Edge Computing
SDTの高効率エッジコンピューティングハードウェアは、お客様の事業成長に必要なデータ収集に必要なツールをご提供します。 振動感知からOCRとマシンラーニングまで資源割り当ての最適化のため、データ収集とデータに基づいた意思決定をしてください。 SDT Cloudでは、デバイスとデータ管理が簡単にできます。
icon
信頼性
Quality Assurance
素早く安全な接続技術を活用して、どのようなハードウェアもSDT Cloudにリンクさせてください。 SDTの全製品は、信頼性テストを経て劣悪な環境で円滑に通信でき、SDT Cloudとつながります。
icon
セキュリティ
Trusted Architecture
SDTのハードウェアはセキュリティに重点を置いて設計されています。 SDTのすべてのデバイスはRoot of Trustに基盤しており、セキュアブートのような産業標準を遵守します。SDT Cloudでアクセスするデータは、ネットワークレベルで保護され、外部からの攻撃から安全です。
SDT Ecosystem

SDTはセンサーからソフトウェア、そしてクラウドコンピューティングまでお客様の産業現場でエッジコンピューティングに必要な全てのものをご提供します。SDT Ecosystemを通じて、シームレスでシンプルな連結性をご体験ください。

空き家再生スタートアップだったDAZAYOガSDTと共に、無人宿舎を介したテックプラットフォームへと変革できるようになりました。 今後も新しい分野に進出してビジネスを拡張できるようにSDTと協力を続けていく予定です

- Nam Sung-Jun DAZAYOの 代表理事 -

要求事項に合わせてハードウェアの見積もりをお望みの場合は別途お問い合わせください。

お問い合わせ

info@sdt.inc
お問い合わせのタイプ 選択
営業arrow

営業

メンテナンス

採用

マスコミ報道

その他

0文字 / 入力可能 500文字
個人情報収集同意内容

SDT株式会社('会社'または'SDT')は、以下の内容に従ってお客様の情報を収集及び活用します。以下の内容についてご熟知の上、ご同意になる場合、チェックボックスにチェックしてください。
1. 個人情報収集者:SDT株式会社
2. [必須]会社名、お名前、連絡先、メールアドレス、お問い合わせの内容
3. 収集/利用目的
- お客様のお問い合わせ内容処理: 相談、クレームの受付、処理結果の通知。
- サービス提供 :サービスの提供やサービス品質改善、サービス内の不正利用防止及び安定性確保、新規サービスと技術開発、カスタマイズサービス提供。
- 商業的統計の作成及び情報分析:ご利用中のお客様別にサービス接続及び利用内訳の分析。
(マーケティング活用に同意した場合) マーケティング及びイベント広報など広告性情報の提供(Eメール又はお電話、メッセージ通知)
4. 保存及び利用期間: 関連法令又は会社の内部方針により保存が必要な時までに保存その他遅滞なく破棄
※ 個人情報の利用撤回方法: info@sdt.incまでお問い合わせください。
※ 同意拒否権及び不利益:お客様は同義を拒絶する権利を保有し、同意を拒絶する場合、上記の利用目的に明示されたサービスが提供されません。