SDT

お客様成功事例

SDTは、科学的なアプローチを通じてお客様のIoTとエッジコンピューティングニーズを解決します。各分野をリードするSDTのお客様が、どうやってSDTの技術を通じて成功を持続させることができたのか確認してください

맨홀 이미지

スマートシティ

自治体、消防署、ガス会社、通信会社などが設置したマンホールは全国で数百万台に達するが、 マンホール状態のモニタリングがされてないので下水道の逆流事故が起きても管理者が認識できず、 マンホールの蓋が開いている状態で放置されているなど、市民は様々な事故に露出されています。

このような問題を解決するため、ある政府機関はSDTのスマートハブが設置されたスマートマンホールを導入しました。 従来のマンホールとは違ってスマートマンホールは、環境にやさしい素材で作られたポリマー材質で作られて通信が可能で マンホール内部の温度、湿度、一酸化炭素、水位、蓋の開閉などを統合的に感知し、収集した環境データをクラウドに伝送します。 また、バッテリー寿命を最長化してメンテナンスの必要性を最小化しました。 マンホールのデータはウェブとモバイルダッシュボード に表示されてマンホール管理者はどこにいてもリアルタイムでどのマンホールでどのような問題が発生しているのか統制することができます。

現在、SDTのスマートハブが導入されているマンホールは、蓋の開閉可否をリアルタイムで確認できて道路使用者の事故を事前に予防することができ、 これまで管理スタッフがマンホールごとに訪問していちいち確認しなければならなかった作業をIoT技術に切り替えて業務効率性を向上させました。

스마트폰 이미지

スマートモビリティ

ラストマイルモビリティスタートアップのムービングは、皆により安全な道路環境を提供するために配達用の二輪車の保険加入を誘導する方法を探していました。 殆どのライダーは、配達用の二輪車有償運送総合保険料が高いので保険に加入しないという悩みを持っていたからです。

しかし、運転者の運転習慣を把握してリスクを策定することからが大きな課題でした。 そこでSDTはムービングに配達用二輪車専用モビリティトラッカーを設計、納品して二輪車に取り付けし、各運転者の運転データを収集、分析する技術を具現しました。 位置追跡は基本で、IoT技術を利用して急加速、急制動、転倒などを感知し、それぞれの運転者の運転習慣を把握するアルゴリズムを開発し、 ムービングに新しい事業を始められる土台を築きました。

ムービングはSDTと協力して「インシュアテックの実現のためのe-二輪バイク管制インフラ構築」を通じて重過失事故の類型を分析して事故危険度を蓄積し 運転習慣連携保険商品の開発を推進しています。 交通法規遵守率を高め、最終的には交通事故を減らす結果につながることが予想されます。

스마트 제조 관련 이미지

スマート製造

顧客社は 造船専門会社で、従業員数約10,000人、売上3兆ウォンを超える、世界最大規模の重工業企業の一つです。 過去から造船業を主力とし、最近は今までの経験と技術を基に海洋事業にも進出しています。

大多数のメーカーがそうであるように、顧客社も製品の品質を高めると同時に工程を適切に進めるために資材を迅速かつ正確に管理する必要があります。 船舶資材は大きくて重いためクレーンで運搬しなければなりませんが従来は最寄りのクレーンの位置を手動で確認する非効率がありました。 作業員もまた高いクレーンの上で床に積載された資材を判別するのに困難を感じていました。

顧客社とSDTの縁は以前から続いてきました。前回の契約でSDTの提供する製品とサービスに満足した顧客社が、本プロジェクトをSDTに依頼したのです。 SDTはハードウェアからオンデバイスAIアルゴリズム、現場での設置までプロジェクトを成功させるために必要なすべての技術要素を直接提供するため、 顧客社の立場からするとハードウェアメーカー、アルゴリズム開発会社、電気布設会社など様々な会社をコンタクトする必要がないという長所が大きく活かされました。

SDTはお客様の問題解決のために次の技術を現場に導入しました。まずは塩分の多い海風に耐えられるカメラをクレーンの上に設置し資材情報やクレーンの 位置情報を撮影します。撮影されたイメージはSDTエッジコンピュータに送信され、エッジコンピュータはそのイメージから文字で作成された情報を抽出し フィルタリングします。その後、オンデバイスAIアルゴリズムが当情報をデジタル化します。

人が直接登録し判断しなければならなかった情報を機械が読めるデータに自動的に変換、記録させ、保存させます。よって顧客社の作業者はもう裸眼で 資材とクレーンの情報を認識するたの苦労が減りました。

顧客社は現場で発生するもう一つの問題を解決するためにSDTとの次の協業を準備しています。

상담관련 이미지

Smart Facility Management

ホテルなどの空き部屋管理や、地方の空き家を宿泊施設として活用するスタートアップのDazayoは、自社物件の管理を強化し、 よりスマートなアクセスコントロールを提供したいと考えていました。また複数にまたがる既存の予約・アカウント管理システムを単一の プラットフォームに統合する必要がありました。

これらの課題を解決するため、SDTとDazayoは、スマートドアロックを中心とした新たな入退室管理技術の導入を行いました。 これにより、Dazayoアプリ経由で物件へのアクセスを許可されたゲストは、管理者から鍵や暗証番号を手渡される必要がなくなりました。 その結果、非接触型のスムーズなチェックインが実現し、お客様にとって新たな安全の体験となりました。また、アクセシビリティの基準も向上し、 体の不自由な方や鍵のある入室が困難なお客様のために、新たな宿泊施設を開くことができました。

さらに、SDTはDazayoの宿泊施設のショールーム化を実現し、滞在中に施設内の家具や家電、調理器具などから気にいったものがあれば、 新たに開発したアプリで写真を撮るだけで簡単に購入できるソリューションを構築しました。

このプラットフォームにより、Dazayoは物件内の予約、アカウント、在庫、エネルギー使用量を単一のシステムで管理し、 宿泊客により安全で差別化されたユーザー体験を提供することが可能になりました。 Dazayoはこららテクノロジーによりすべての物件で継続的な運営コスト削減と1平方フィートあたりの収益の増加につながることを期待しています。

스마트 로봇 이미지

スマートリテール

フードテックをリードしているロボットカフェーの会社は、完全な無人店舗を実現するために様々な技術を必要としていました。 以前はお客様が飲み物を注文しようと、ロボットの前に立っていてもロボットがお客様を認識できず、飲み物をこぼしてもが認知できず、 カフェで使う様々な機器の摩耗や老朽化による定量未達の問題などがありましたが、このような問題を解決する方法が分からない状態でした。

SDTはビジョン認識、映像処理、ディープラーニング技術を利用してお客様店舗の完全無人化を達成しました。 お客様の立場を認識したロボットは、お客様に挨拶することができ、異常状況が発生すると、本社に直ちにアラムが送られ、 定量測定で機器の摩耗及び老朽化周期を把握し、措置することができました。 このようなの技術は全部エッジで実行されて 遅延時間を最低化してお客様とエンドユーザーにまでその価値を伝えることができました。