SDT

Inspire & Connect

SDTは完結型IoTとエッジコンピューティングプラットフォーム企業であり、エンタープライズデータのための エッジコンピューティングソリューションを通じて、デジタル革新をリードしています。 スタートアップ会社から多国籍企業まで、様々なお客様が各分野で最も革新的なエッジコンピューティング プロジェクトをSDTと共に行っています。

多くの企業がエッジコンピューティングに関心を持っていますが、現在、エッジコンピューティングを開発 · 導入 · 構築する方法は、あまりにも多く
の分野にまたがる利害関係者を必要としています。 従って、SDTはハードウェアからソフトウェア、プライベートクラウド及びセキュリティソ
リューションまで、エッジコンピューティングに必要なすべてのものを提供します。 SDTは、簡単で分かりやすいエッジコンピューティングの導入により、
お客様がより多くのデータを収集及び処理し、より正確かつ迅速に意思決定ができるようにします。

MISSION

1兆台のデバイスを接続します。

専門家は2035年まで1兆台のデバイスがつながる世界が来ると予想しています。これは一人当たり100個以上接続されたデバイスがあることを意味します。
1兆台のデバイスの中にはスマートホーム、コンピューティングデバイス、ビル管理システム、交通機関などのスマートインフラがあるはずです。
ガートナーは2025年まで企業で発生するデータの75%がエッジで処理されると予想しています。

そこで、SDTが誕生しました。

SDTはセンサー、カメラ、産業用コンピュータのようにエッジコンピューティングに必要なハードウェアから様々な種類のデバイスを接続するプラットフォームまで、エッジコンピューティングの全ての構成要素をお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

HISTORY
2024
  • 釜山大学のムン・ハンソプ教授研究チームの「原子基盤量子もつれ光源具現技術」移転
  • ソウル大学のキム・ドホン教授研究チームと「半導体量子コンピュータ測定ソフトウェアプラットフォーム開発」共同研究契約
  • 日本の別府市、大分大学と「生成型AI活用事業試験運営協力」契約締結
2023
  • 量子超精密計測制御装置の海外輸出開始
  • 量子科学技術発展功労褒賞科学技術情報通信部長官表彰受賞
  • ベンチャー創業振興功労褒賞国務総理表彰受賞
2022
  • 知能型センサーシステム 'SDTスマートハブ' 調達庁ベンチャー国に登録
  • 韓国科学技術情報研究院(KISTI) '量子コンピューティングクラウドウェブサービス及びフレームワークのプロトタイプ開発' 事業受注
  • 科学技術情報通信部、警察庁 '量子技術基盤セキュリティ問題遮断IPカメラ開発' 課題選定
2021
  • 'SDT株式会社'にて社名変更
  • インフラ専門子会社 'M-SDT株式会社' 設立
  • スマート製造、スマートリテール、スマートモビリティ事業受注
  • 韓国水資源公社 '開放型スマートシティプラットフォーム規格を遵守した水分野IoT測定センサーデバイス開発' 課題選定
2020
  • 日本法人'SDT K.K.' 設立
  • Google Coral基盤のオンデバイス(エッジ) AIフラットフォーム発売
  • スマートマンホール、スマートモビリティ、スマートビル管理事業受注
  • セキュリティ認証 'PSA Certified' を初獲得
2019
  • システムモジュール(System-on-Module)発売
  • スマート家電事業受注
  • Wi-SUN Alliance加入
2018
  • ArmプロセッサーベースのMCUボード発売及びMbed OSプラットフォームプロトタイプ開発
  • CES、MWC、APM(Arm Partners Meeting)招待参加
2017
  • '株式会社シグマデルタテクノロジー'設立
  • Armとパートナーシップ締結
MEET THE TEAM
  • 尹 智園 (ユン ジウォン)
    創立者 & CEO

    MITで物理学と電子工学を専攻し、実験量子情報科学分野において10年間研究活動を行いました。 研究活動の経験をもとに1兆個のデバイスをつなげるという夢を持って2017年にSDT株式会社を設立しました。

  • 李 周炫 (リ ジュヒョン)
    COO

    三星電子でソフトウェアを研究開発しながら開発環境を経験し、三星電子事業戦略/タイムワイトインベストメントで市場や投資の専門領域を作りだすました。SDTでは事業の基礎を一つずつ築いていくところです。

  • 金 旼奎 (キム ミンギュ)
    CTO

    分散処理システムとEnterprise Software Architectureの専門家であり、様々なIoTのプラットフォーム 開発経歴を基にSDTのソフトウェア及びサービス開発をリードしています。

  • 姜 東根 (カン ドンぐん)
    付設研究所長

    20年以上の医療、産業システム設計経歴とEmbedded System Software Engineeringの経験を通じてSDTの技術開発をリードしています。

  • ナターシャ·コボックス
    事業戦略TF長

    Harvard University の卒業後、韓国のスタートアップ市場に興味を持ち、ソウルに来ることになりました。 9年以上の戦略事業開発の経験を通じてSDTのグローバル事業戦略とパートナーシップの締結を担当しています。

  • 乾 泰行
    日本法人長

    セキュリティ関連企業、IT企業、スタートアップ企業数社を経て、2020年にSDT株式会社の代表取締役に就任。 システムインフラからセキュリティ、IoT、AIまで幅広いフルスタックの知見を持ち、多くのプロジェクトを成功に導いてきた実績を持つ。

Global Offices
  • 本社

    10F, Teheran-ro 44-gil 5, Gangnam-gu, Seoul, Korea 06211

  • デルタオフィス

    519, Ace Camp, 96-5, Bugwang-ro, Guro-gu, Seoul, Republic of Korea

  • 大邱 Smart Hub

    RB408, Water Convergence R&D Center, Korea Water Cluster, 20, Gukgasandan-daero 40-gil, Guji-myeon, Dalseong-gun, Daegu, 43008 Republic of Korea

  • 日本

    251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢11−3 サンエイハイツ101 Room4

SDT IoTソリューションについてもっと知りたいですか?

お問い合わせ

info@sdt.inc
お問い合わせのタイプ 選択
営業arrow

営業

メンテナンス

採用

マスコミ報道

その他

0文字 / 入力可能 500文字
個人情報収集同意内容

SDT株式会社('会社'または'SDT')は、以下の内容に従ってお客様の情報を収集及び活用します。以下の内容についてご熟知の上、ご同意になる場合、チェックボックスにチェックしてください。
1. 個人情報収集者:SDT株式会社
2. [必須]会社名、お名前、連絡先、メールアドレス、お問い合わせの内容
3. 収集/利用目的
- お客様のお問い合わせ内容処理: 相談、クレームの受付、処理結果の通知。
- サービス提供 :サービスの提供やサービス品質改善、サービス内の不正利用防止及び安定性確保、新規サービスと技術開発、カスタマイズサービス提供。
- 商業的統計の作成及び情報分析:ご利用中のお客様別にサービス接続及び利用内訳の分析。
(マーケティング活用に同意した場合) マーケティング及びイベント広報など広告性情報の提供(Eメール又はお電話、メッセージ通知)
4. 保存及び利用期間: 関連法令又は会社の内部方針により保存が必要な時までに保存その他遅滞なく破棄
※ 個人情報の利用撤回方法: info@sdt.incまでお問い合わせください。
※ 同意拒否権及び不利益:お客様は同義を拒絶する権利を保有し、同意を拒絶する場合、上記の利用目的に明示されたサービスが提供されません。